テンション留めスリーダイヤリング

テンション留めスリーダイヤモンドリングの作り方をご紹介します。


K18地金板に月形リング4枚を毛書き、糸ノコを使って切り取る。

ヤスリを使って丁寧にバランスよくヤスる。

センターのレール留めリングは先に作っておく。

5本のリングを正確にセットする為、側面に各2箇所穴をあける。

リングの内側面は鏡面に仕上げしておく。


ダイヤ寸法より狭くセットする為リングの下部をヤスり調整する。


センターと両脇の寸法が決まったら、先に開けておいた穴に芯を2本差し込み リング下部の接合面をしっかり合わせロー付けする。

レール留リングはダイヤを留める前にロー付けしてしまうと、 ダイヤが留めづらくなるので先に留める。

5本のリングをロー付する時、ダイヤを断熱処理しておく。



ロー付終了後、バフ仕上げを行い、スリーダイヤモンドの「テンション留め」をする。

ダイヤのプロポーション(クラウン・ガードル・パビリオン)をしっかり頭に入れ 両板面に切削工具、ベアリングを使いダイヤをセット出来るように削り込む。

いわゆる覆輪留めの様な石留めタガネは一切使わない。



センターダイヤを留めたら両脇のダイヤを留めるが 左右しっかり角度を決めセッティングする。

プロポーションに合った切削をしないとダイヤに動きが出てしまう。

(ゆるみを石留めタガネで留めようとしても決して止まらない。)



留め専用の彫り屋さんでも難儀する程の留め方。

飾り職人ならではの留めの技法。

石井宝飾工芸

ジュエリーの作り方をご紹介します。

0コメント

  • 1000 / 1000